2011年06月06日

やはりダイエットで一番気にするべきはカロリーなのか?コンビニスイーツだけで12キロのダイエットに成功した栄養学者

なんとコンビニに売っているようなスイーツだけを食べるという
ダイエットに挑戦した栄養学者がいるという。






【米国発!Breaking News】によると挑戦したのは
アメリカ・カンザス州立大学のマーク・ホープ教授。






コンビニで手に入るクリーム入りのスポンジケーキや
チョコレート、クッキーや砂糖たっぷりのドーナツ、
チップスやシリアルやなどのスイーツを10週間食べ続けたそうだ。







なぜ、彼がこのようなダイエットに挑戦したかというと、
減量の効果は食事の内容ではなく摂取カロリーで決まるとの
仮説を立証するために今年の8月から自ら始めたという。







このダイエットを10週間続けたところ、
なんと約12キロの減量に成功した。






彼が行ったダイエットはダイエット期間中に摂取したのは
1日1800キロカロリーを厳守し、カロリー内で好きなスイーツを食べるだけ。






結果として、体格指数(BMI)は「肥満」から「標準」に下がり、
体脂肪率も約9%落ち、悪玉コレステロール(LDL)が20%減り、
善玉コレステロール(HDL)が20%増え、中性脂肪も39%下がり、
その他の指標も健康的な数値に変化したのだという。






結果として自らの仮説を証明した形にはなったが、
このダイエットをおこなったホープ氏は
「この方法を人に勧めるつもりはない」と話しているという。






このニュースに一言
当たり前だ。人は炭水化物と脂質だけで生きているわけじゃないからね。
この人も栄養学者だから栄養学的にろくでもないっていうのは
わかっててやったんだろうし。






栄養は万遍なくとらないと、
たとえ痩せたとしても不細工な痩せ方をしますよ。






posted by ざつはつ at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | なるほどニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。